特別縁故者とは、被相続人と特別の縁故があった者で、相続人の不存在が確定した際、請求により家庭裁判所から相続財産の分与を受けることのできる者のことをいいます。この特別縁故者には、被相続人の内縁の妻や未認知の子、事実上の養子など、被相続人と生計をともにし、あるいは被相続人の療養看護に努めた者などが該当します。

具体的な手続ですが、まず相続人が不明の場合には家庭裁判所は利害関係人または検察官の請求によって相続財産の管理人を選任し、これを公告しなければなりません。その上で、公告の後2か月以内に相続人が現れなかった場合には、相続債権者と受遺者に対して、2か月以上の一定期間内に債権の届出をするように公告します。そして、相続財産管理人は、届出のあった債権者に対し、それぞれの債権額の割合に応じて弁済を行います。

さて、その後も相続人が不明で、かつ残余財産のある場合には、家庭裁判所は6か月以上の一定期間を定めて相続人捜索の公告を行います。その一定期間満了後にも相続人が現れなかった場合に初めて、特別縁故者は残余財産について分与を受けることができます。ただし、この期間満了から3か月以内に請求する必要があります。

すなわち、特別縁故者として相続財産の分与を受ける権利は当然に存在するわけではなく、上記のような家庭裁判所の手続によって形成される権利であり、また相続債権者や受遺者に弁済をした後の残余財産について権利を有するに過ぎません。