相続人の役割

| 未分類 |

親などが遺産を残して亡くなり相続が行なわれた場合に、遺言書が残されていれば、その遺言書の記載に従った遺産分割を行なえばスムーズですが、そういった法的に有効な遺言書が見つからないような場合には、民法の規定に基づいて法定相続分ごとに分割することが必要になります。
相続人の人数が多くなってしまうような場合、きちんと相続分に応じて分けると、きれいに分割できない不動産を売却しなければならなくなってしまうようなことも生じてしまうことがあります。
せっかく残された不動産を売却して分割するのはあまりに非効率的なので、分割の前にはしっかりと遺産分割協議を行なうことがとても大切になります。
自分の権利ばかりをしっかりと主張していては、協議が滞ってしまい手続きに遅れが生じてしまうことになるので、相続人の役割としては、手続きのことも考慮して譲り合いの心を持って、協議に臨むことが求められます。
当事者同士では感情が先立ってしまうことがあるので、場合に応じて第三者である法律の専門家などに協議に参加してもらうことも必要になるでしょう。
残された相続人同士が争うことを亡くなった方は決して望んではいないということも忘れてはならないでしょう。