民法上の相続の範囲は、第1順位が配偶者と直系卑属、第2順位が配偶者と直系尊属、第3順位は配偶者と兄弟姉妹です。第1順位が亡くなっている、または無い場合は第2順位へ相続権が移ります。第2順位が亡くなっている場合は第3順位へ相続権が移ります。相続権は、前の順位がない場合に初めて次の順位の者に相続権が発生します。順位は超えることができません。第1順位の直系卑属は、原則子供を指します。子供は、血縁関係がある実子はもちろんのこと養子も同等の相続権があります。父母が婚姻中でなく認知された子供については実子や養子の半分の相続権があります。また、相続人である子供が既に亡くなっている場合には、さらにその子供、孫がいた場合は孫に相続権が移ります。これを代襲相続といいます。代襲相続は、第3順位である兄弟姉妹の場合も同様です。本来の相続人である兄弟姉妹が既に亡くなっている場合には、その子供である甥や姪に相続権が移ります。この甥や姪までが民法上の相続の範囲であり、甥姪の子供は相続の対象とはなりません。相続権のない者に財産を残すには、遺言書を作成しておくという方法があります。遺言書は自分で書き残しておくこともできますが細かい取り決めもありますので、法的に有効と証明された公正証書として残しておく方がより確実です。