民法に定めてある一般的な相続の範囲は、第1順位を配偶者と直系卑属、第2順位を配偶者と直系尊属、第3順位を配偶者と兄弟姉妹です。配偶者は、いずれの順位の者とも同等に扱われることに対し、順位は先の順位の者全てが無いか亡くなっている、または相続を放棄した場合にのみ相続人になることができます。相続放棄の手続きは家庭裁判所に申し立てることで成立します。第1順位の直系卑属は、基本的には子供のことをいいます。しかし、故人の子供が故人より先に既に亡くなっている場合は、本来の相続人である故人の子供の死亡が戸籍などで証明できればその子供である、故人からみれば孫が相続することができます。これを代襲相続といいます。次に第2順位である直系尊属は、基本的には故人と血縁関係のある父母のことをいいます。父母が相続人になるためには、第1順位の子供やその孫がいないことが条件です。これは、養子も実子と同等ですのでご注意ください。亡くなった時点で養子縁組をしている子供がいないか確認する必要があります。第2順位の直系尊属がいない場合は、次の第3順位である兄弟姉妹が相続人となります。相続人である兄弟姉妹が故人より先に亡くなっていた場合は、孫と同様に代襲相続が甥や姪に認められます。