相続には、民法上の相続と遺言書による法的相続があります。遺言書による法的相続は、自筆による遺言書を作成する方法と公証人役場で公正証書を作成する方法があります。遺言書による法的相続では一般の民法上の相続の範囲外の方でも相続したい方に遺産を残すことができます。一方、民法上の相続は相続順位によって相続権が移行していきます。第1順位は配偶者と直系卑属、第2順位は配偶者と直系尊属、第3順位は配偶者と兄弟姉妹です。前の相続順位の者が全ていない場合に次の相続順位の者に相続権は移行されます。第1順位の直系卑属は原則子供です。民法上、子供と配偶者は半等分ずつ遺産を相続できます。子供は、父母が婚姻中に産まれた嫡出子及び養子縁組により養子となった者とは相続において立場は同等です。一方、父母が婚姻中に産まれておらず父の認知により非嫡出子となる子供は嫡出子の半分の相続権を持っています。しかし、相続する子供が既に相続開始時点で亡くなっていた場合で、相続人に子供がいる場合はその子供に相続権が移行されます。さらにその子供が亡くなっていて、次に子供がいる場合も相続権は移行されます。これを代襲相続といいます。代襲相続した者は、他の子供と同等の相続権を与えられます。